歯が痛い・しみる【一般歯科】【小児歯科】

歯が痛いと感じたら……虫歯かもしれません!

虫歯は4つの要因が重なり合って起きると言われています。それは「虫歯菌」「糖分」「歯質」「ブラッシングまでの時間」の4つ。これらの要素が重なり合った時、虫歯になってしまうのです。広島市東区の歯医者「山本歯科医院」では、「食後にブラッシングをする」「糖分は控える」といった対策で虫歯を防ぐようにすすめています。適切な対策で虫歯に負けないお口にしていきましょう。

虫歯の進行段階と治療法

状況 症状 治療法

CO/初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めている状態。痛みはまだありません。 適切なブラッシング指導やフッ素塗布を行います。

C1/エナメル質がさらに溶けた虫歯

歯の表面のエナメル質がさらに溶けている状態。冷たい物・あまい物がしみることはありますが、普段の痛みはありません。 虫歯に感染した部分を切除して、歯科用プラスチックを埋めます。

C2/象牙質まで達した虫歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が達している状態。痛みもでてきます。 虫歯の部分を削り、詰め物を詰めます。

C3/神経まで達した虫歯

歯の神経まで虫歯が達している状態。なにもしなくても歯が痛むようになります。 神経を除去し、消毒する「根管治療」を行います。治療後は被せ物を被せます。

C4/歯根まで達した虫歯

歯の大半が溶けてなくなっている状態。神経が死んでいるため痛みは一時的になくなりますが、膿が溜まると再び痛みだします。 抜歯が必要になります。抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントなどを使用し、失った歯を補います。

山本歯科医院の小児歯科治療

当院ではお子様向けに、健康な口腔内を保つための処置を行っています。以下では主に行っている小児歯科治療のメニューをご紹介します。

ブラッシング指導

歯の生え方やお口の状態に合わせた最適なブラッシング方法を歯科衛生士がお子様にお教えします。また、親御様には仕上げ磨きの方法をお伝えします。

フッ素塗布

歯質を強くする効果があるフッ素を歯の表面に塗っていきます。歯質がやわらかいお子様の歯には特に効果的です。

過剰歯の抜歯

通常は生えないはずの歯のことを過剰歯と言います。過剰歯は歯並びの乱れの原因になる可能性があるので当院では抜歯をおすすめしています。

PICK UP 院長からのアドバイス「痛くなる前に歯医者に行きましょう」

歯医者は「痛くなったら行くところ」だと思っていませんか? 当院では痛みを抑える処置だけでなく、痛みを防ぐ「予防歯科」を行っています。虫歯になって苦しむ前に、定期的に歯科医院に通い虫歯を正しく予防することをおすすめします。

当院では虫歯を予防する予防歯科を行っています。虫歯に負けない健康な歯を実現しましょう

診療科目

山本歯科医院では技工所を併設しております

詳しい医院概要を見る

診療時間

地図アプリで見る